top_baner.jpg

_DSC5921.JPG

合格者の声

デザイン・工芸科

yamakawa_kao.jpgyamakawa_image.jpg
山川 量子 さん
東京 小平南高校出身



多摩美術大学美術学部
グラフィックデザイン学科合格

ムサ院で毎日絵を描いていて、この1年随分自分と向き合えた。講評で作品が並べられ、自分には作る事すら出来ないような色や、きれいな形、かっこいい画面が並ぶ。自分に無いものを持っている周りの人達の作品は本当に魅力的で、毎日が刺激の連続だった。その中で自分の作品を好きになったり嫌いになったりして、自分にはあれが足りないとかこれが足りないとか四六時中考えていたように思う。

デザイン・工芸科

kawakami_kao.jpgkawakami-_image.jpg
川上 翔太 くん
東京 桐朋高校出身 


武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科/武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科/多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科現役合格

高3へ上がるまでに、画材に慣れ、ムサ院に慣れ、絵を描く事に物怖じしない姿勢が作れた事は、基礎科に通っていて良かった点
だと思います。最も印象的だったのは、毎回の講評です。評価が良いとにやけが止まらなくなり、悪いと仏頂面になって、先生を
逆恨みしました。講評の度に、ジェットコースターに乗せられているような気分になり、この毎回の感情の乱高下は、かなりこた
えましたが、それだけ真剣に臨めていたということだと思います。

デザイン・工芸科

hara_kao.jpghara_image.jpg
原 聡実 さん
東京 武蔵野北高校出身




武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科科

自分の作品なんてゴミくずだと思っていました。そのゴミくずみたいな作品にちゃんとアドバイスをしてくれる先生方の何とお優しい事だろうとすら思っていました。そんな卑屈さが薄れるのは、毎日顔を合わせて同じ課題を取り組む友達とバカみたいな話をしているとき。それから先生方の微妙な例え話や励まし、サンタさんの格好をしている姿などにも助けられました。卑屈さは直そうにも直せませんが、自己認識は作品を作る為に不可欠です。もう自分の作品をゴミくずだと思うのはやめました。

デザイン・工芸科

asaka.jpgasaka_image.jpg
浅香 綾音 さん
東京 相模女子大学高等部出身


武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科/多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報デザインコース

デザインについて、ムサ院で学ぶ事に日々ウキウキしていた。そんな自分とは裏腹に落ちこぼれていく自分もいた。徐々に積極的になれなくなり、気付けば自分の殻に閉じこもっていた。そんな私から脱出できたのは、チャンスを掴みかけた私を、先生が全力でサポートしてくれたからだ。「君たち全員が合格すると思って、試験前日まで接するよ」という先生の言葉が心強い味方になった。ムサ院は私の背中を常に押し続けてくれる所だった。

デザイン・工芸科

totoki_kao.jpgtotoki_image.jpg
十時 萌 さん
埼玉 自由の森学園


武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科攻


「技術は後からついてくる」先生が言った私のお気に入りの言葉です。無責任な感じが自分に合っていて良いと思いました。この予備校には偉大な先生がたくさんいます。仙人のような先生もいました。でもやっぱり偉大とかどうでもいいです。私はセンスを察知したのです。この予備校にはセンスがあります。ひしひしと伝わってきます。センスは私が空気の次に欲しているかも知れないものなので、ムサ院はちょうど良かったのです。

デザイン・工芸科

koinuma_kao.jpgkoinuma_image.jpg
鯉沼 雄大 くん
東京 聖徳学園高校出身



多摩美術大学美術学部生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻

最初何が良い作品なのかさっぱり分からなかったので、技術を身につける以上に作品の良し悪しを見分ける力をつける事を意識しました。そう考えるようになってからは不思議と失敗が怖くなくなり、失敗しても次に活かせる様になりました。疑問や不安な点はすぐ先生に相談し、その後自分で解決方法を考えるようにもしました。順風満帆だった訳ではなく、悔しい思いをしたりもしましたが、先生、家族、友人たちに助けられて何とかやっていく事が出来たのです。

デザイン・工芸科

narita_kao.jpgnarita_image.jpg
成田 雄基 くん
東京 三鷹高校出身



武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科、空間演出デザイン学科、基礎デザイン学科/多摩美術大学美術学部生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻


先生たちに口すっぱく言われた「様々な製品のデザイナーたちの目線に立って見ること」は大学に入っても大事だと感じたし、おかげで鍛えられたと思う。講評での順位付けでは、自分の伸びを実感できた。参考作品も充実していて、例えば平面構成では仕事のキレイさや色の使い方など、本当に参考になる物がいっぱいあって、助けなったと思う。デッサンでは、先生が実際に描いた物と、自分の物とを比較することが成長につながった。

デザイン・工芸科

miyazaki_kao.jpgmiyazaki_image.jpg
宮崎 晃一 くん
東京 明大中野八王子高校出身



多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科、生産学科プロダクトデザイン専攻/東京造形大学デザイン学科インダストリアルデザイン専攻

ムサ院は先生と生徒の距離が近く、実力の伸びを見ながら具体的で質の高い指導をしてもらえました。歴史ある予備校なので参作も多くありました。憧れの油絵作家がいたので9 月の大作週間では、B2 に大量の薔薇を納得いくまで描き込みました。このことで完成度を決める自分の物差しが研がれ、自分の中にあるテーマを探ることができ、入試でも臆することなく自分の絵を描けました。

建築専攻

tanaka_kao.jpgtanaka_image.jpg
田中 悠希 さん
埼玉 聖望学園高校出身

武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科/多摩美術大学美術学部環境デザイン学科/東京造形大学デザイン学科室内建築専攻

ムサ院に通う事で、高校とは違った同じ目標を持つ友達と会えると思うと行くのが楽しみになりました。先生によって考え方も違うので、こういう描き方もあるのかととても勉強になります。作品を完成させられない自分にムカついて泣く事もありました。先生方はそれを踏まえて悪い所良い所、時間内に終わらせるためのコツを教えてくれました。とにかくムサ院が私にとって楽しい場所で共に競い合える友達がいたからこそ、続けて頑張っていけたのだと思います。

油絵科

ochiai_kao.jpgochiai_image.jpg
落合 安奈 さん
東京 錦城高校出身



東京藝術大学美術学部油画科 /多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 /武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻

どんなに切迫した状態でも簡単に答えを押し付けたりしない。行き詰って悩んでいた時背中を押してくれる。自分で見つけるべき答えは、時間が掛かっても自分で見つけさせてくれる。ムサ院の先生方はそれを一番近い距離で見守ってくれた。そうやって自分で自分の道を切り開いて見つけたものは何よりも尊く、自信につながる。絵に対する姿勢、表現するための技術、私の絵に関する根源のすべてがムサ院にある事を、数十年後強く実感するのだろうと確信している。

油絵科

tomita_kao.jpgtomita_image.jpg
富田 千風優 さん
福島 原町高校出身


武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻 /多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻絵画学科油画専攻 合格

「色々あったと思うけど、別にだからといってお前を特別に扱ったりしないからな」という当たり前な事を言われただけなのに、何か言葉にできないような温かさがこみあがって危うく泣きそうでした。ここに決めて良かったなぁとしみじみ思いました。たくさんの苦しい辛い楽しい恥ずかしい思いをムサ院に置いていきます。これからそういう事を更に想像出来ないほど経験していくのかと思うと、気が遠くなりそうですが、しっかりと歩いてでも進める力を貰えたと感じています。

油絵科

okada_kao.jpg_okada_image.jpg
岡田 千宙 さん
高知 高知学芸高校出身


多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻/武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻

「バナナが黄色くなくても良いんだよ」と先生に言われた時、すとーんと納得したのと一緒に少し興奮した。何故か嬉しかった。私は勝手に縛りを作っていることが多かったから、もっと色々できるしやっても良いんだという事が解って、描くことがもっと楽しくなった。さりげなく道を教えて自分で答えを見つけさせるやり方だったから、納得しながら進む事ができた。友だちとしんどいしんどいと言い合いながらも結構楽しかったり、制作態度や作品から刺激を受けることができた。

油絵科

futami_kao.jpgfutami_image.jpg
二見 由貴子 さん
東京 東京女学館出身



多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 


高校生活と予備校の両立が難しく、心身共に追い詰められ、いっそ美大目指すのやめるかとも思いました。根気のない私を責めたてるかと思われた先生方は、親身に相談に乗ってくれ、行ったり行かなかったりを繰り返すうちに、家で悩んでいるよりもとりあえずムサ院に行ってキャンバスに向かっている方が悩む時間が少ないと気付かされました。自分でも気付かなかった個性を見つけてくれ、良い所を伸ばす指導をしてくれた先生方に感謝です。

日本画科

nemoto_kao.jpgnemoto_image.jpg
根元 茉衣 さん
東京 白梅学園高校出身



多摩美術大学美術学部日本画専攻

予備校というある意味特殊な環境で学んだ事は、これから一生忘れる事はないでしょう。「考え過ぎ」。私は様々な場面で煮詰まった時にはこの言葉を思い出して、頭の中をリセットするようにしています。私の座右の銘「案ずるより産むが易し」も予備校生活の中で学んだものです。悩んでいるだけじゃ答えは出ない。やってみなきゃ。失敗するかも知れない、作品が駄目になるかも知れないと悩むより、今失敗してそれを糧に次にステプアップすれば良いのだという勇気を教えてくれたのです。

日本画科

mogi_kao.jpgmogi_image.jpg
茂木 小百合 さん 
埼玉 芸術総合高校出身


武蔵野美術大学造形学部日本画学科

迷うと手が遅くなり、なかなかその先にいけないことがよくありました。そんな時に「とりあえず描いてみれば?」と言われました。先生はいつもその先へ行くためのヒントを下さり、私はそれに後押しされました。「描き切る」「モチーフをよく見る」「もっと離れてみる」などものを作っていく上で大切な事を多く教わりました。描ききって、講評会で反省して、次の課題につなげる。その繰り返しで成長できたのだと思います。先生の「幸せになるために描く」と言う言葉が印象的でした。

彫刻科

s_1.jpgs_3.jpg
黒岩 瑞希 さん
東京都立
小平高出身

多摩美術大学 彫刻学科 合格

入試本番、カバンの紐はちぎれるわ、受験票は落とすわ、試験が始まる前から緊張しきってた。追い討ちをかけるかのように、試験問題を見たら一瞬にして頭の中が真っ白になってしまった。全くの想定外。開始のチャイムが鳴って、みんなエスキースを始めていたが、私は焦りも積もってエスキースもろくに出来ずにパニック状態になっていた。もうどうしたらいいのか解らなくなって泣きたかった。逃げ出したかった。そんな時、先生からもらったお守りを見て深呼吸して「いつも通りやればいい」の一言を思い出した。そうだ、ここで逃げたらこの1年が全て水の泡になる。何のためにこの1年頑張ってきたんだ。この試験に受かるためだ。頑張れ自分!そう思うと心が落ち着いてきて、自分のやるべき事が見えてきた。そして自分の手が完成に向かって少しずつ動き出した。
その他 多摩美術大学 彫刻学科 合格

彫刻科

s_2.jpgs_4.jpg
磯部 蒼 くん
東京都立
清瀬高出身

武蔵野美術大学 彫刻学科 現役合格

どういう訳か「今年は口が出る」と確信していた。何パターンか構成し、時間配分も完璧に考えておいた。一応念の為「目を作れ」という課題も想定して、その構成もいくつか練った。準備は万全だ。問題用紙が配られた。「耳を作れ」。イスから落ちそうになったが何とかこらえた。3時間というのは、自分には決して長い時間ではない。とりあえず粘土を練り構成を考えた。なんとシンプルな課題であることか。髪の毛をかき上げて鏡で確認し、指で耳の穴を観察した。粘土のカスが耳の中に入って気持ち悪かった。単純な問題だと分かると、ただ作りきろうという一心で夢中で手を動かした。先生のアドバイスなどを回想する暇もなく。そんなこんなで再びイスに座ることなく終了のチャイムが鳴った。髪は粘土でバリバリで、耳の中ではゴロゴロと妙な音が鳴っていたが、目の前には巨大な耳がひとつあった。
その他 武蔵野美術大学 彫刻学科 合格

映像メディア表現科

tako_kao.jpgtako_image.jpg
多胡 絵里佳 さん
埼玉県立浦和北高校出身


武蔵野美術大学映像学科 武蔵野美術大学芸術文化学科

細かい指導が受けられて、思わずその世界に引き込まれていき、時間が経つのも忘れるほどでした。先生の思わぬ雑談も行き詰った時の良い気分転換になりました。少数精鋭の一風変わった集団でありましたが、内なるものを秘めた未来のアーティストが揃っていたと感じます。VIVA ムサ院!

映像メディア表現科

kobayashi_kao.jpgkobayashi_image.jpg
小林 夏芽 さん
東京 都立片倉高校出身


武蔵野美術大学造形学部映像学科

参作を見ても、何が良いのかも良く分からなかった時、何度も字を注意された。書き慣れた自分の名前までも、もうちょっとバランスよく書けないの?と言われてしまった。当時は解答と直接関係が無いと思っていた事も、今なら一つ一つを丁寧に仕上げることで、作品自体のクオリティーを上げられるという事が良く分かる。どこかで劇的に成長して美大生になれるような気がしていたけれど、現実はそうではなくて、未来は遠い先じゃなくて今の瞬間の連続なんだと気付かされた。

土日受験科

hasegawa_kao.jpghasegawa_image.jpg
長谷川 千容 さん
千葉私立市川高校出身


日本大学デザイン学科AO

ムサ院ではデッサンの授業と小論文、英語の授業を受けていました。私は浪人して理系から芸術系へ進路を変えたので、全くデッサンを描いたことがありませんでした。恐らく教室内で一番の初心者だったと思います。授業では小手先の上手く描くテクニックではなく、自分で作業しながら、異なる目線から的確なアドバイスをもらい、それを受け入れて自分で学びスキルアップしていきました。これがよかったんだということがAO 試験を受験してわかりました。最終選考に残った人たちとともにプレゼンテーションを行いましたが、皆素敵な人たちでした。各々が自分の個性を理解しているのか、作品から「その人らしさ」というものが溢れ出ていました。他の人にはできない、思いつかないだろうというもの。あまり発言せず声の小さい人もいました。しかし、言葉を発した時には興味深いことを呟く人でした。逆に明るく場を盛り上げる人もいました。大事なことは、表面上のものではなく、自分の内側から湧いて出てくるもの、自分らしさというものは教えられるものではなく、真剣に取り組んでいく中で自ずと現れてくるものだと思うからです。このことをデッサンの授業を通して、私も自分らしさを引き出せてもらえたんだと思います。

受験デッサン科

jyuken2.jpg
和賀 恵子 さん
山梨県立
吉田高校 出身

東京学芸大学 G類 現役合格

私は家が遠く、毎日通うことが出来なかったため、土日だけムサ院に通うことにしました。毎日描いている人たちに差をつけられそうで不安でしたが、平日は学科、土日は実技と集中して取り組む事が出来たし、何より土日受験デッサンコースの雰囲気は自分に合っていました。最初は何も考えずに見えたものをただそのまま描いていましたが、先生方から様々なアドバイスをもらう内に、どうしたらもっと良いデッサンになるのか少しずつ分かって来ました。入試で落ち着いて1枚の絵を完成させることができたのは、ムサ院で学んだこと全てが自信につながったからだと思います。

通信教育コース

fukuda_kao.jpg
福田 かおり さん
通信教育コース 油絵専攻
島根 県立出雲高校出身

多摩美術大学 絵画学科油画専攻

私は通信で指導してもらっていて、夏期講習会で初めてムサ院に行きました。最初は知らない人達に混じっての中で描くことにすごく緊張して全く手が動きませんでした。その時は周りがとても怖い集団に見えました。でも先生に話しかけられていろいろ話すうちにだんだん緊張もほぐれ、ムサ院の人たちもとても優しい人ばかりなのに気づきました。 先生は私のような初心者の人間にも親身になって話を聞いてくれました。私は物分かりが悪いので、先生の言っていることがわからなくて聞き直したときもより詳しく分かりやすく説明して下さってとても助かりました。講評や面接など、生徒一人一人丁寧にコメントしてくれるので良かったです。 講評の前後で作品が並べられているときに、人の作品で気になった技法などを尋ね合ったり、褒め合ったりして、ムサ院み
んなで力を伸ばしていこうという姿を見て、ムサ院の持っているムードに好感が持てました。 夏期講習では、ムサ美とタマ美の教授が来る日があり、講評ではユーモアのあるコメントと、前年の合格作品を並べながら入試の説明と大学の説明をしてもらえたのでとても勉強になりました。また、目指す大学別に特化した講習が受けられる期間もありとても有効な期間だったと思います。1 か月の講習はあったいう間でしたが、この期間の「伸び」があったからこそ入試本番に間に合ったのだと思います。

基礎科高1・2コース

suzuki_kao.jpgsuzuki_image.jpg
鈴木 華実さん
東京 都立小金井北高校出身

武蔵美視覚伝達デザイン学科

せっかちで大雑把な性格の私は、形の狂いに気がついても直す事もしないで何となく誤魔化して描き続けていた。もちろん先生はそんな私を叱った。描いては直され、描いては直されという日々。私のデッサンに先生が手を入れると、魔法でもかけているんじゃないかと思うくらい、どんどん形になっていく。私はその様子を隣でかじりつくように見ていた。やり方なんて分からなかったけれど、ひたすら真似して描いた。そして何枚目かの時にふと気付いたのだ。今まで何でもっと形を見なかったんだろう、先生が言っていたのはこの事だったのか、と。それからは、焦らず時間をかけてじっくりと物の形を見るようになった。基礎科での授業は、自分の絵と向き合う時間がたっぷりあるので、思う存分自分の絵を見つめることができた。描き始めは落ち着いて、途中で狂いを見つけたらちゃんと描き直す。当たり前のことだけど、私に欠けていた事だった。先生に「良くなったなぁ!」と大きな声で褒められた時は、最高に嬉しかった。もちろん厳しいことを言われることもあったけれど、負けず嫌いな私にとって、それは原動力へと変わった。もっともっと頑張りたい。そんな基礎科での授業はとても濃い記憶となって私の中に残っている。

基礎科高1・2コース

kawakami_kao.jpgkawakami_image.jpg
川上 翔太くん
東京 私立桐朋高校出身


武蔵美術大学視覚伝達デザイン/多摩美術大学グラフィックデザイン学科

私は高1の4月から、ムサ院に通っていました。高1~2の頃は木炭デッサンを長時間描き続けるのが苦痛で、休みがちだったように思います。椅子は硬いし、帰りは遅くなるし、腹は減るし、眠いし、鼻水は黒くなるし…。その頃の事を思い出すと、つらい事しか思い浮かびません。友達もできず、先生と以外は話もできませんでした。夏期講習会中もいつも一人で、他の人の愉しげな会話が聞こえるのがイヤだという理由から、ムサ院から一番遠いラーメン屋に行って昼食を食べ、昼休みがちょうど終わるころに戻っていました。逆に基礎科に通っていて良かったと思う事は、こういった環境に早く慣れることができた点です。この2年間で私は、硬い椅子に慣れ、紙と鉛筆に慣れ、空腹と眠気に耐えることに慣れました。基礎科に通った人たちのアドバンテージはそこにあると思います。基礎科に通っていても、高3から始めた人と比べて格段に違ってくるという事はあまりありません。しかし、基礎科に通っていた人はムサ院の環境自体に慣れているので、心に余裕があり、課題で冒険する勇気が持てたりするものです。基礎科に通うなら、ぜひこのアドバンテージを活かして欲しいと思います。

中学生コース

nishina_kao.jpgnishina_image.jpg
仁科 麗 さん
東京都東久留米市立西中学校出身

東京都立総合芸術高校 合格

私は入試当日ネクタイを忘れてしまいました。家に電話をして届けてもらうのを待ったため20 分以上遅れてしまい電車の中では不安でたまりませんでした。電車を降りて走って向かい、試験会場に入ると、皆着席していて緊張感が漂っていました。試験5 分前でした。私は緊張する間もなかったので、逆に自分のペースを崩さず落ち着いて出来たと思います。ムサ院で勉強した期間は短かったけれども、自分のペースやデッサンの基礎をだいぶ身につけることが出来ました。ムサ院には大学生の人も高校生もいるので、その人の作品を観たりすることでとても刺激になり、理想の自分を高くし、その自分になろうと思うようになりました。そう思いながら勉強し、努力したことがだんだんと自信になっていき、試験本番でも焦らずに出来たんだと思います。この学院で学ぶことができて本当に良かったと思います。

学科ゼミナール

ochiai_kao.jpg
落合 安奈 さん
東京 私立錦城高校出身

東京芸術大学油画科 /多摩美術大学絵画学科油画専攻 /武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻

『あの授業を聞き逃すなんて・・・』<英語>今まで苦手意識が尽きることのなかった英語と、その勉強の継続。しかしムサ院の英語は、この苦手意識をなくしてくれました。長文の対策では、美
術に関する、面白く、考えさせられる内容のものを扱っていて、学校の授業とは全然違います。ムサ院の英語の授業はとにかく面白い!文章に関連した小ネタや、画像、映像を授業中にバシバシ突っ込んできます。だから、授業に飽きる事がありません。どんなに実技の授業で疲れていても、「あの授業を聞き逃すなんてもったいない!」「今日はどんな新しい事を知れるんだろう?」と思い、自然と継続して勉強していくことが身につきました。先生の方から積極的に質問はないかと訪ねてくれるので、どんな初歩的な質問でもしやすい環境でした。美大受験は英語で差がつくので、この授業を選択してよかったと思いました。『自力での対策は至難の業』<国語・小論文>正直、国語は得意としていた科目だったので、学科の授業を取るか否か迷っていました。しかし、最初の学科試験を受けると、そうも言っていられなくなりました。美大の小論文の考え方は、それまで教わってきた一般大学向けのものとは180°異なっていたからです。ひどい点数でした。個性や表現力が求められる美大小論文の傾向に、自力で対策していくのは至難の業だと思います。授業はただ文章が上達すると言うだけでは完結せず、実技にもよい影響がありました。表現をするという共通点が両者にはあるからです。絵を描いているときには気づけなかった自分に気づくことが出来ました。小論文で、他の人の面白い考え方に触れたり、先生による豆知識など等、とても楽しい授業なので勉強嫌いでもそんなに出席することが苦じゃないと思います。国語の授業を取ったことで、実技の勉強にも打ち込めたし安心して試験に臨めました。

学科ゼミナール

arisa_kao.jpg
有佐 真夏 さん
東京 都立清瀬高校出身

多摩美術大学グラフィックデザイン学科 /情報デザイン学科情報デザイン専攻 /武蔵野美術大学情報デザイン学科

『一番文法力が上がった』<英語>私は浪人生で学校の授業がなかったので、英語の基礎を忘れないようにと1年間受講することにしました。英文法では、一から丁寧に英文法をおさらいしてくれました。英語はそこまで苦手ではない、基礎だけならいいやと言う人もいるとは思いますが(私もそうでしたが)、実際に受けてみると、基礎だけではなく自分の知らなかった文法知識をたくさん知ることになりました。正直、全部の学科の授業の中で一番文法力が上がったのがこの授業だと私は思っています。だからある程度基礎のある人でもおススメです。しかも、単語熟語テストがあったので語彙力が上がりました。また、分からないところ、疑問なところがあった時でも気がねなく質問することが出来ました。私は納得するまで聞き続けるところがあり、授業後に質問して、気づいたら四十分以上も聞いていたことも度々ありました。それでも先生は嫌な顔しませんし、むしろさらに教えてくれることもありました。「基礎」という名前がついているけれども「=やさしい」ということではなくて、絶対知っておかなければいけないこと、知っておいたらいいことの総集編なのでこの授業はお得だと思いました。